ゼルダの伝説 時のオカリナ

 

 ハイラル城侵入イベントなんて、トリハダもんです。真の3Dってどんなものなのか教えてくれます。

ゼルダ姫

 村の外にも出ていない段階でも分かる凄い事実。ゼルダの伝説は3D空間を現実として受け止めさせてくれることに関しては究極です。
 3D視点のゲームと言えば、自分の状況を認識するのが2Dに比べて非常に困難というのがこれまでの常識だったし、現実にそうだった。
 実際に自分がそこを歩きまわることで「土地カン」が生まれるようなリアルな3D空間を作ってくれるゲームはないのか?
 その願いをゼルダの伝説は実現してくれたのです。
 ゲームの中に本当に入り込んだような映像と操作性を実現しています。これは凄いです。ゲームの中身はこれからですが、万一中身が不出来であってさえ、この3D表現を体験するだけで買う価値があるほど凄いです。
 3DのRPGで名作と評価の高いキングスフィールド3だったか買った時は位置関係の把握に苦労し、遠くが見えないことにストレスを溜め、動きは蜜の中を泳ぐように遅く振り向きが非現実的に遅いことでストレスを溜めました。そして水に落ちただけで即死する虚弱体質の主人公(汗)
 しかしゼルダの伝説は位置関係を把握し易く、遥か遠くまで視界は開け、動きは普通のARPG並に速く、振り向きも含め現実の人間と同じ速度で可能。
 アクションは豊富でリアル、更に泳いだり潜ったり出来る。
 主観視点で空を見上げたり、水中を覗いたりした時の表現も凄い。
 これほど「仮想現実」に近いソフトは無かったのではないか・・・
 確かに、延期を繰り返して膨らむ一方のユーザーの期待のその上を行ってるから安心しろと豪語するだけのことはある。
 64ごと買ってしまえと人に自信を持って薦められるソフトかもしれません。任天堂も自信があるのか、本体とセットでレンタルをやるようですね。
 次世代機と呼ばれるゲームマシンが登場して以来、ずっと思っていた真の3D空間をさまよえるRPGをプレイしたいという願いが、ゼルダによって初めてかなえられました!
 無事に64DDが発売されたら、更に凄いものが拝めるのか!?

旅立ち

 SFC版もかなりパズル要素が高くて悩んだけど、今回もパズルばりばりです。
 自分の好みよりはSFC版は遥かにパズルが強かったけど、それがゼルダってもんなんですね。
 ゼルダは定価で買ってしまったけど、そのショップでは64DREAMのオマケらしいゼルダ攻略冊子を付けてくれました。
 普通のRPGなら攻略情報なんか不要だけど、ゼルダに関しては攻略情報がないと詰まりまくり。
 攻略冊子付きはパズルの難しさに放り出すユーザーが無いように良い感じです。
 序盤をヒントで進めれば、ゼルダの要領が分かって来るし。

 パズル健在とは言え、SFC版とは大きな違いがあります。
 それは、ダンジョンから一度出ても、それまでにクリアしたトラップはクリアしたまま残ってくれることです。何度も入り直してじっくり攻略出来ます。
 だから、SFC版のパズル性のひどさに苦労した人も、プレイしてみて下さい。

 

表紙に戻る / GAME に戻る