動画情報





blank リブートカップ第7戦  2001-10-28 13:16  ウォーリー      

勢能幸太郎
コークスクリュー

(mpeg 518 KB)

 東日本で最初にコークスクリューをメイクしたコウタロウの高いエアー。
 得意技だけあって安定感も抜群。
小島秀太
ディザスター・バックサイド・ロイヤル

(mpeg 497 KB)

 アメージングのウォール天辺グラインドを完璧にメイクしたのは小島君が初である。
 これがまた、何でもないかのようにやってしまう。
小原健一
トゥルースピン・ファーサイド・ミズ

(mpeg 442 KB)

 トゥルーミズをメイクするスケーターは多いが、ファーサイドでとなると滅多にいない。
 最初ナマで見た時は、何やったのか分からなかった。
小島秀太
バンク to 540

(mpeg 571 KB)

 199Xに掲載のルーチンの一部に入っている。
 飛び越えることさえ困難な大ファンボックス逆走で、全く危な気なしに540回ってしまう。
森滋
ティーケトル

(mpeg 497 KB)

 とんでもなくスタイリッシュ。前足を外す可能性なんぞ微塵も感じていない自信が感じられる。
村田哲生
トップサイド・アシッド

(mpeg 389 KB)

 富山のノブ君にも影響を与えたらしい・・・余りにカッコ良いグラインド。
 同じ技であっても、スケーター次第でギャラリーに与える感動は全く違って来る。
小島秀太
トランスファー

(mpeg 466 KB)

 とにかくブッ飛び系の小島君。
 奥のRから手前のRへのトランスファーは、みんなやっている。
 小島君は右下にチラっと見えているバンクまで飛んでしまう。
駒沢コンビ
ダブルエアー

(mpeg 546 KB)

 駒沢ローカルの森ポンが360、新井ポンがサンライズで、2人同時に飛ぶ!
 大会後のワンメイクでのシーン。このファンボックスは入りのRが狭く、素飛びであってさえ2人同時に突っ込むのは極めて危険。
 そこに回しながら突っ込むのは、安床兄弟なみに息が合ってないととても出来ない。空中接触すれば大クラッシュだ。




 「インラインスケート 199X 年」の関連記事を一括表示 インラインスケート 199X 年  2001-10-25 01:59  ウォーリー
      B.I.S.カップ第3戦  2001-10-28 19:25  ウォーリー
      B.I.S.カップ第2戦  2001-10-28 19:01  ウォーリー
      Free Flyer Contest (B.I.S.1)  2001-10-28 18:36  ウォーリー
      リブートカップ第9戦  2001-10-28 18:07  ウォーリー
      リブートカップ第8戦  2001-10-28 17:53  ウォーリー
      リブートカップ第7戦  2001-10-28 13:16  ウォーリー
      リブートカップ第6戦  2001-10-28 12:39  ウォーリー

 


 ※ ご意見やご感想などはmiki@higashino.jpへどうぞ
denim tree BBS standard version 1.0.02 [ 2000-11-05 ] を改造