DSC-MZ3

 コンパクトデジとして最大級の画素ピッチを誇る。200万画素しか無いが、秒間15連写は最強で、いかなる被写体も逃れられない。1万分の1秒の高速シャッターや、オニのように暗所に強いVGAフルフレーム動画の品質もデジカメ最強クラス。
 静止画の品質は悪いものの、記録メディアがコンパクトフラッシュであり、一眼デジカメと併用出来る。静止画を一眼デジカメに任せ、連写と動画に専念する「最強のサブ機」としての使い方がお薦め。

37〜111mm EQ 1:2.7〜4.9
 暗さに強いだけに、テレ端の暗さが残念。
 ズームは非常用と考える。
 ワイド端専用で単焦点カメラ的に使うのが良い。

 一見すると画質はMZ2と全く同じ。しかし、黒潰れし難く改善されているため、データは遙かに扱い易くなっている。

 

超高速の世界

 直射日光を得れば、ISO100 で普通に 1/5000s が使える。電子シャッターなので、一眼レフの 1/4000s より遙かに動体停止能力は高い。

 泳法バタフライってところ。
 飛行中のアオスジアゲハ。

F2.7 1/5000s

 絞り優先モードにおける半端なシャッター速度もMZシリーズ名物。アゲハのようにでかい蝶だと、呆れるほど簡単に飛行シーンを撮れる。

F2.7 1/1795s

 飛び散る噴水をピタリと止める。

F2.7 1/5000s

 ハトさん慌ててます (^_^;)

F2.7 1/5000s

 

スローな世界

 異様な色に染まった空の下を疾走する電車。

F2.8 1/11s

 連写を使えば流し撮りも簡単に決まる。うまく止まったものをチョイスすれば良い。

F6.7 1/30s

 交差点の救急車。TIFFで一発勝負。

F2.7 1/30s

 

戻る