SIGMA SD10

 某所では「画質至上主義の人間が行き着く呪われた機種」なんて書かれ方もした。
 確かに、圧倒的な画質と圧倒的な使い難さが同居している。このため、画質は認めつつも購入に踏み切れないカメラマンは多いようだ。
 しかし、欠点や問題点の多くは個人レベルの努力と工夫で何とかなるものです。

SD10 特殊使いこなし情報
 フォビオンが使いたければシグマを使うしかない。
 しかし、制約や欠点が多いのも確か。
 となれば・・・何とかしよう。
Sigma Photo Pro 使いこなし情報
 SPPでうまく現像できない場合のテクニックです。
 どうしようもない場合は、dcx3 を使うと大抵は何とかなります。
オリジナル現像ソフト dcx3 ver.1.00 公開中
 SPPの弱点を補う目的で開発したフォビオン現像ソフト。
 赤ベタ、ネオン崩壊、黄肌などを一発で解消できます。

 

戻る