防盾

 

 曲がるノズルによってメカボックスを固定したまま砲身上下が出来るようになったが、その代償として砲身の根元には強烈な力が加わってしまう。
 当然砲身が固定される防盾も相当な捻りの力が加わるので、剛性を確保しないといけない。

 

 砲耳の部分にはベアrングを仕込む。
 オリジナルとは比較にならない強大な力が加わるので、ベアリング無しでは話にならない。
砲耳
防盾  防盾はインナーバレルと付属物が差し込めるようあちこち削った。
 同軸機銃孔もレーザー照射用に開いてある。
パーツを削る  防盾の他のパーツもかなり削らないといけない。
 
砲身セット  砲身の組み立ては注意が必要。マズルブレーキが引っ掛かるため、インナーバレルとアウターバレルを合体後は差し込めない。
 インナーバレルをエポキシで防盾に確実に固定する。
バレル固める  インナーバレル周囲をエポキシパテで固めて防盾の剛性を確保する。
 インナーバレルの根元右から非常に細いピアノ線が引き出されているのが分かるだろうか?
 このピアノ線を引くとアウターバレルが駐退(リコイル)アクションを行う。
防盾手前  防盾に蓋をするが、ちょっと膨らんでしまった。
 後で削って調整が必要。
 防盾の上部は組み立てた時にも目立つので手抜きしておくとマズい(汗)
仕上げ  手前の部分をエポキシで強力に接着。
 パーツ類の格納はかなりギリギリの強引にやったため、細かく修正しなくてはならない。
 スプリング弾倉が左から突き出し、BB弾装填センサーの配線が右から引き出されている。

 

戻る