Sマイン

 

 Sマイン発射機については作り掛けたものの、当初は取り付けしないことにした。
 特にリアパネルのものは破損し易そうだし車体上板の取り外しでも邪魔になりそうなので。
 実車でもSマインは戦闘ですぐ破損する上に使用頻度が低いからって廃止されるんだよなぁ・・・
 しかしジャーマングレイ派には人気の332号車はちゃんと5台とも揃っている写真が手元にあったりする。機会があれば取り付けを考えよう。
 Sマイン発光&発射音のアクションが無くなって1チャンネル空いたので、機銃旋回をやることにした。

 

 バンダイの15分の1虎のパーツをヤスリで一回り小さく削って台を用意。
 一番手前のが削る前のオリジナル。小さくするだけでなく薄くする。しかし余りに薄くすると耐久性に問題があるのでほどほどに。
 発射筒は単なる真鍮パイプだが、これも入り口をリーマーで削って薄く見せる。
材料
装飾  薄いアルミ板で発射筒の尻を作る一方、やはり薄いプラ板で台座側を装飾。

 

戻る